忍者ブログ
アラフォー女の日常・・・
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

足がだいぶ良くなったので、土曜日に、髪を切りにいきました。

デブスの私ですが、髪だけはいつも褒められます。
アジエンスのCMがチャン・ツィイーだったころ、人から「チャン・ツィイーのような髪だね」とほめられたことがあります。

はい、そうです。

チャン・ツィイーのような「」であって、決して「チャン・ツィイーのようだ」とか「チャン・ツィイーのようなスタイルだ」とか「チャン・ツィイーのような美人だ」とかではありませんので念のため。

母が亡くなって以来、忙しさと体調不良で、ロングヘアを手入れする暇がなくなり、とうとう「貞子」になってしまったので、一念発起して切ることにしました。渋

谷のヒカリエにある、「クロードモネH2Oアヴェダ」に行ってきました。
http://www.h2o-aveda.net/salon/shibuya/

美容師さんから「これは傷んでるうちに入りませんよ」「確かに先端の握りこぶしぐらいのところは傷んでますが、他は本当にきれいです」と言っていただきましたが、かなりバッサリと切ってしまいました。

シャンプーカットのほか、ヘッドスパとスペシャルトリートメントで1万2千円。

思った以上に短くなってしまったので、後ろで結ぶときのシュシュが使えず、カチューシャを買うことに。
一時期、カチューシャは「おばさん臭い」と敬遠されていましたが、最近はかわいいカチューシャが多いです。

もちろん、AKB48が理由でしょう。

AKB48風といったらいいのか、片側に大きなアクセサリのついた、若作りなかわいいカチューシャを2本買いました。5千円ほど。

OBA42が何を若作りしてるんでしょうね。

せっかくの渋谷なので、おいしいパスタでもと思って、ヒカリエの上のレストラン街に行ったのですが、12時前(11時50分ぐらい)でどのレストランも並んでいます。

外にでて、どこかおいしいパスタと思って、センター街を歩いていたら、「さんましらす丼」の文字が見えて、「磯丸水産」に入ってしまいました。
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13129446/

なんでオシャレなイタリアンとか思っててこうなるのか自分でもわかりません。

女性には非常に入りにくい、男性向けのお店で、でも、活きのいい魚介を自席の網で焼きながら飲んでいる人たちがちょっとうらやましかった。(そう、お昼からみんな飲んでるのです!)

さんま丼は、活きのいいさんまを、注文してからさばいてくれて、かなりおいしかったです。
さんま丼のほか、さんまの塩焼きと、ウーロン茶を頼みました。

しかしウーロン茶ごときがなかなか出てこない、どころか水も出てこない。

バイトのねえちゃんたちの対応はかなり悪いと思いました。

 *

足はだいぶ治ったけれど、まだ、15分立っていると足の底がひきつってきます。

朝夕の通勤がけっこうきついです。

台所に立つのもきつくて、掃除があまり得意なほうではないのですが、水回りだけはきれいにしていたのですが、台所が見たくない状態に。

次の三連休はちっと掃除しなきゃならないな。

ラ・カスタというところから発売されている、レッグジェルを買いました。
アロマ精油が入ったすっきりとしたレッグジェルで、これを使うと足の疲れがとれます。

 *

火曜日・水曜日の昼食は、新橋でランチがおいしいと評判の「ととや」に行ってきました。
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13014944/

非常に並ぶと聞いて、11:50分に行ったのですが、それでも並んでいました。
戻ろうとしたら、「はいならんでー」とおばちゃんに言われて並ぶことに。

見た目より回転が速く、思ったより早く席につけました。
ギンダラの西京焼きを頼みました。

焼き魚は出てくるまでにちょっと時間がかかります。

横目で、タイの頭煮やぶり大根、さしみ定食が早くでてるのをおいしそうだなぁとながめつつ、待ちます。

小鉢が2つ、茶わん蒸し、おしんこが先にでます。
これがおいしい。
茶わん蒸しは小さいけれどきちんと蒸された本格派。
小鉢も、ごはんが来るまで待とうと思ったけど食べちゃいました。
おそらくダシをとったあとのかつおぶしを再利用しているのだと思います、かつおぶしと小エビが甘辛く炒り煮されています。

西京焼きは、表面はぱりっと、中はジューシー。最強の西京焼きです。

オフィスにもどって、このことを話すると、大連氏が「行きたい!」と言い出しました。
茶わん蒸しが、大連氏の大好物だそうです。

大連氏の奥様は中国人で、今はまだ中国におられるそうで、奥様のいないうちに日本食を堪能したいそうです。

というわけで、水曜日は大連氏を連れてまたととやへ。

大連氏は西京焼き、わたしはぶり大根を頼みました。

ぶり大根も、べっこう色に煮えて、ごはんが進む進む。
アラ煮だから食べるところがないかなと思ったら大間違い。角切りの、身がたっぷりついたブリがごろごろ入っています。

これは繁盛しますね。

 *

「ととや」の入っているビルの正面に、居酒屋があるのです。
ランチメニューが580円と出てるのですが・・・ガラガラ。

ととやは、1050円。わかりにくいビルの4F。
その居酒屋は、それより大きなビル、表通りではないけれど道路に面した大きな店構えで1Fにあって580円。

それでもととやは行列ができて、その居酒屋は、ランチ激戦時間でもガラガラ。
・・・よほどまずいのかなぁ・・・。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
るーかんさんこんにちは。
髪がとても綺麗だとのことで羨ましいです。
私はるーかんさんと同年代なのですが、髪のうねりがひどく、艶もあまりありません。
よろしければ普段どんなお手入れをしているのか教えて頂けないでしょうか?
Posted by 鹿港 2012.09.15 Sat 00:07 編集
返事おそくなってすみません
こんにちは、コメント遅くなりました。

髪の手入れですか?
私の髪の手入れは、現代の日本人には難しいかもしれない。


それは、

1.パーマをかけない、カラーリングをしない
2.毎日シャンプーをしない(2-3日に1度とか)
3.よいシャンプーで洗う
4.椿オイルなどの良い油で地肌を手入れする
5.動物性たんぱく質を十分とる

なぜ難しいかというと、今の日本人は、「毎日シャンプーしないと不潔だ」という強迫観念があるのです。
髪にはある程度油気が必要なのですが、今の日本人は、ちょっとでも油気があると髪がビニールみたいになるまで洗います。
また、日本人のきれいなまっすぐな黒髪を「重い」と感じるような風潮になってしまいました。
それでブリーチして染めてパーマをしてしまいます。
そうしてしまうと、きれいな髪を取り戻すまで何もしないと非常にみっともなく見えるので、我慢できずにまたパーマ、カラーリングしてしまいます。

できるだけ「手を加えない」ことで、きれい髪を保っています。

たぶん、上記のうちで、実際にやれると感じられるのは「よいシャンプーを使う」ぐらいじゃないかと思います。

私は、今はラ・カスタのシャンプーを使ってますが、人によってはせっけんシャンプーが合うという人もいるし、自分に合うものは人によって違うので、一概には言えませんが、ただ一つ言えるのは、アジエンスなどテレビCMを流しているものはだめです。
Posted by るーかん 2012.09.17 Mon 06:51 編集
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[09/17 やま]
[05/25 さくら]
[12/12 Lovelin]
[10/27 暗黒係長]
[06/29 MR]
最新TB
プロフィール
HN:
るー・かん
性別:
女性
自己紹介:
変な名前ですが、三国時代呉の名将「陸抗」からいただいています。

過去のブログは
夢見るのみにて死するは悔いあり」です。

FF11関連の記事は独立させました
吾輩はミスラである
バーコード
ブログ内検索
カウンター
P R
忍者アナライズ
コガネモチ
忍者ブログ [PR]