忍者ブログ
アラフォー女の日常・・・
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週日曜日は、システム監査の試験を受けてきました。
昨年は、母が亡くなった直後だったので、とても受けられる状態ではなく、見送りました。

今年も、勉強不足でしたが、受けてきました。

午後1の記述式は割とかけました。
ただ午後2の論文は、そもそも書けそうにない。

「こうこうこういう事例で、どういう問題点があって、どうすればいいか」ではないのです。
あなたが監査にかかわった経験から、この問題(具体的な事例ではなく、IT監査にかかわる一般的なこと)についてどうすればいいか、と言われると、やっぱり経験がいる感じです。

まだまだ、心身ともに擦り切れていて、いろいろやばい状態です。
先週は、金曜日に休みをとりずっと寝ていました。

家がめちゃくちゃになっているので、掃除をしては寝るって感じです。

 *

会社もいろいろストレスがあります。

まあ、タイトルの通りです。
「ちゃんとしろという人ほど『ちゃんと』の基準を出さない」。

うちの会社は、昨年5月に、Aという会計アウトソーシングの会社と、BというITアウトソーシング
の会社が合併してできました。
 
株式会社ABとなって、会社のITまわりはB側に所属している私がやっています。
 
ただ、AとBの間は非常に溝があって、わたしは「株式会社AB」になってから採用されたのに、「Bの人」扱いなんです。
いまだに、互いに旧社名で呼んだりするんです。

で、もともとA社のITまわりは、アウトソーシングで個人事業主としてITをやってる人が
管理していたそうです。Xさんとします。
ABとなる歳、Xさんは当然、仕事がなくなるわけですが、Bに資料等を引き継いでくれなかったそうです。(Xさんとしては、仕事がなくなってしまうわけで・・・感情的についていかなかったのでしょう。)
 
で、Bの社内ITをやっていたYさんという人も嫌になって、ほとんどわからない状態で去年6月か7月に辞めました。(つまり合併してほぼすぐに。)
 
その、二重の空白のあと8月に私が入りました。(実際はこの間にさらに一人入ってる。)
 
でも、A側は「そちらはひきついだ『ハズ』でしょ?」という感じなのです。
でも、何かあると「ちゃんとしてくれない!」って怒るのです。
「どのようにしてほしいのか、どういう状態になっていればいいのか教えてください」といっても「言ったことすらやれないくせに」と教えてもらえなくて。

そんなこと言われたって、私には何も伝わってないんですけどね。
とぎれた伝言ゲームで何がわかるってーの。
 
A側はIT作業を全部Bが引き継いでくれると思ったのに、実際はそうではないので、かなりおかんむりでした。
半年ぐらいかけてA側と信頼関係を持ってもらってから、業務改善を言い出しました。
 
A側のITをやってるのは、会計業務と兼務のZさんという方で、非常に作業量が多く(「ちゃんとしてくれない!」と怒る人ですが、それでも見ていてかわいそうなぐらい)、同じ作業をA側のZさんとB側の私でやるのは無駄があるので、できる限り一元化してB側でやりたいです、とえらい人に話しかけてしまった。
 
でも、Zさんとこじれて、今は、そんなこと言い出さず、Zさんがひーひーいうまま、こちらは「A側の作業はしりませーん」って言ったほうが楽だったなーって後悔(笑)しています。
 
まあ、株式会社ABにとって利益がある正論を言ってるので、通ったし、これをやりとげれば成果として、転職もしやすくなるだろう、という腹積もりがあります。
 
ただ、体調不良と、Zさんとのバトルで、心身ともに疲れてます。

誰が悪いというわけではない、会社の合併ということではありがちな話なんじゃないか、って思っています。

今は、A側とZさんに「A側の要件が伝わっていなかった事情」を伝え、いまさら1年前の基準にこだわるより、新しい基準を作りませんか、新しい基準を作るにはそちらの要望が不可欠です、と言っています。

 *

1月に発生した、アルジェリアの日本人人質事件、悲惨な事件で、亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りしますが、あの方々を、少しうらやましく思います。

不謹慎な意味にとらないでください。

亡くなったほとんどの方々が、50代、60代でした。

50代60代でもなお、こんなに大きな仕事のために働ける、そんな人たちであることを素晴らし羨ましく思うのです。(そしてそんな方々を失ったのは非常に大きな損失です。)

なぜ、50代60代が多いのだろう、と思います。
危険地帯だから最初から「わしら年寄りがいく」という感じだったのだろうか、それともほかの助かった7名はそれより若くて「わしら年寄りが残って足止めするから逃げろ」と言ったのか、とも想像しています。

私も、願わくば、50代60代でも用いてもらえるような人間でありたい、とあの事件を見て思ったのです。

あの事件に関しては、まだ、わかってないことが多いようです。
あれから3か月経ってますが、あの事件に関心があるのです。

ただ、ニュースって、過ぎるとあっというまに取り上げられなくなるので、もどかしい。

  *

企業合併が多い昨今、合併後のIT環境を整えるといった仕事に経験があり、やりとげられたら、50歳でも60歳でも仕事があるかな、って思っています。

今、しんどくて、逃げたいけれど、自分のために逃げずにやり遂げたいと思っています。

 

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[09/17 やま]
[05/25 さくら]
[12/12 Lovelin]
[10/27 暗黒係長]
[06/29 MR]
最新TB
プロフィール
HN:
るー・かん
性別:
女性
自己紹介:
変な名前ですが、三国時代呉の名将「陸抗」からいただいています。

過去のブログは
夢見るのみにて死するは悔いあり」です。

FF11関連の記事は独立させました
吾輩はミスラである
バーコード
ブログ内検索
カウンター
P R
忍者アナライズ
コガネモチ
忍者ブログ [PR]