忍者ブログ
アラフォー女の日常・・・
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっぱり・・・

前の会社で私の後任としてひきついだ人(女性)が・・・すでに辞めちゃったそうです。
1か月続かなかったみたい。

がんばってマニュアル作って、引き継ぎして辞めたんだけどなぁ・・・。

だいたい、2日目に「寝坊したから遅刻しました」、4日目に「体調が悪いから休みます」といっていた人です。正直言うと不安はありました。

しかも、その前の勤め先も、派遣で3か月で更新しなかったそうです。
更新してもらえなかったのか、当人からしなかったのかはわかりません。
当人の話では、「いろいろ教えてもらえると聞いたのに、何もすることがなくて、シュレッダーとかそんなことしかなかったので、これ以上更新しませんでした」と言っていましたが・・・。

「今度は契約社員で、試用期間後正社員にしてもらえるし、もっと専門的なことを教えてもらえると思うのでがんばります」って言ってたんだけどなぁ・・・。

 *

自分のことタナにあげちゃうけど、どうして前の会社って、こう、なんといったらいいか「パターン青」ばっかり雇うのかなぁ・・・。

人を雇って欲しいのに「使徒、襲来!」になってしまう。
99.89%までは人と同じなんだけど、重要な0.11%がなんか違うんだよなぁ。

この人だけじゃない、私の後に雇われた人のほぼ全員が、あまりにも問題がありすぎました。

私の1週間後に雇われたのが、前のブログでよくグチっていた「第18使徒ナマケル」君で、勝手に早く帰る、3つの客先で大ゲンカする、客のメールアカウントを削除する、1時間近いタバコ休憩をとる等の問題児でした。
半年後クビ。

1か月後に雇われたAさんは、まあ、この人は技術があってレポートもきちんとしていてまあまあ。

3か月後に雇われたS1さんとS2さん。
S2さんは初日から遅刻。客先にもよく遅刻。しかも能力も低い。
ただ人当たりはよく元自衛官で体力もあるので夜遅くの作業や遠方の出張作業には使える。
S1さんは遅刻等はないが能力的に若干劣っていて、人当たりは普通なので、1次ヘルプデスクとして使える。

4か月後に雇われたイノブタさん(女性)。
太っている私がいうのもなんだけど巨大なデブ。しかも臭い。
これは今回の女性と似たパターンで、3日目ぐらいに「体調がわるいので」休みます、1週間後には「夫の体調が悪いので長期休暇とりたいです」、そしてもちろん来なくなりました。

半年後に雇われたのが、ブログにグチを書く暇がなかったけど「第19使徒チコクスル」。
客先によく遅刻し、その苦情が私に。
たとえばある日の9時50分ごろ、とある顧客から「第19使徒さん、9時半にくるというお約束だったのですがまだ見えられないんですが」と電話があり、私が「あれ?10時だったと思いますが?」と答えると「そうですか・・・」とのこと。
実は9時半が正しい時刻でした。
そのことを、第19使徒チコクスルは「どうしてスケジュール把握してないんですか!」と私に・・・

そりゃ、そうだけど・・・

おまえが言える筋合いじゃねーだろ???
自分が9時半だと把握してたのなら9時半にちゃんと客先着けってーの!

正直、この人にはいろいろ腹が立つことがいっぱいありました。
なんかしらないけど、私をとても「怠け者」「能力が低い」と思っているのか、何か「そいつの言うとおり」やらせようとします。

客先にメールを書いてほしいというから、メールを書いたら、そのたびに、私の言い回しが悪い、これはまずいと、間髪いれずにメールしてきます。
それができるならあなたが自分で書けばいい、といって奴の頼みを却下すると、私を怠け者だと思うようになりました。

そいつがたびたび落とす毎週のタスクを私が尻拭いでやることになったときも、さも私がミスするかのように「自分が監修して、提出します」だってさ。
いやあんたはたびたび間違ったり締め切り落としたけど私は一度も落とさなかったし間違わなかったよ。

顧客先に、遠隔でレジストリ(ウィンドウズ内部の、ハードウェアやソフトウェア設定のデータベースのようなもの)を修正する仕事を、そいつから依頼されたときも、顧客に「15分ほどお時間がかかります、その間PC使わないでください、終わった後再起動してください」とお客様にメールしたところ、「5分もかからないし、その間PC使ってもらっても構わないし、再起動はいらない」とそいつからメールがやってきました。

レジストリを変更して再起動がいらないということはないと思うし、本当にいらなくても別にやって問題があるわけでもないし、確かに5分もかからない作業なのですが(そもそもこのトラブルでこの対応方法をウェブから探してそいつにおしえたのは私だ!)リモートでやって接続が途切れるなど異常があった際に時間に余裕をみて15分と言ってるわけです。

それを言うと、黙ってふてくされる。

だいたい非常に苦情が多く、そいつが担当していた顧客の2つから、けっこういろいろ言われてたので、そういうことを言うと・・・私に電話が回らないようにされました!
(メールやネットワークなどの現地に行く必要があることはそいつで、ワードやエクセルなどの質問は私が受けていたのですが、私が受けていた質問まで「自分が答えます」といったのでしょう・・・。)

まだまだ書きたいことはあるけれど、本当に、困りものでした。
私にだけ態度悪いならまだいいんだけど、たとえば自分が早く帰りたいからと、「18時にサーバシャットダウンします」と伝えていた顧客に、17時にシャットダウンして、顧客から非常にお叱りを受けました。

10か月後に雇われたのが以前に愚痴った「第20使徒ズレテル」君。
これは以前にも書いたとおり、段ボールのフタを閉めることもできない人。
真面目に宇宙人だの残留思念だのを信じている人。
半年でクビ。

能力的には、昨年12月はじめに「エンジニアはみんなMCPのWindows7(70-680)をとるように」といわれ、デッドラインが今年5月でした。
私が2月はじめにとり、第19使徒チコクスルが5月ぎりぎりにとり・・・残りは全滅・・・。

前の会社は、1年ちょっと無職だった私を拾ってくれた、恩ある会社だけど、そしてエンジニア以外とは仲良しでいたけれど、正直な話、エンジニアの質はダメダメだったと思う。

私がさしていいというわけじゃないけど、困るレベルで悪い。

客先への遅刻や、勝手なサーバダウン、勝手なユーザーアカウント削除など、何を考えてるのかわからないレベルの人ばっかり。

MCPだって、半年猶予与えられて、クラムメディア教材(MPC試験の問題がほぼそのまま載っている問題集。これをやれば合格点が取れることが多い。試験改定直後だとそうでない場合もある)まで買ってもらって、それで合格できないってのはおかしい。

合格したとしても、レジストリをいじって「再起動はいりません」と言い張るチコクスル君などは本当にWindowsを理解しているとは思えない。

・・・ってグチだらけになっちゃった。

今の会社で驚くのは、そんな「パターン青」な人がいないということ。

というか客先に遅刻しないとか、お客様の迷惑にならない時間にサーバダウンをするとか、あたりまえのことばかりなんですが。

この意味では転職は成功でした。
(今の会社もいろいろ問題があることは見えてきていますが・・・。)

 *

前の会社が、そういう「パターン青」ばかりになった理由は・・・たった一つだと思います。

それは・・・

「お給料が安い」

その一言につきます。

私が入社したころは、「こんな規模のベンチャーに、仮想化構築できるようなスーパーなエンジニアが!」みたいだったんですよ。

それが、私が入ったぐらいに前後して、ごっそりと抜けていき、人が入れ替わってしまいました。
転職活動していたとき、よく「(前の会社)さんは技術で有名なところだったのにいっぱい抜けて何かあったの?」と聞かれました。

別に、特別な何かあったわけじゃないんです。
時期的な問題だと思います。

2008年に、リーマンショックがあって、それまで羽振りがよかった「英語のできるエンジニア」的な仕事が激減し、どんなにいいエンジニアもそうそう転職ができなくなったんですね。

私もそのころはいたい目にあいました。

だから、前の会社にいたスーパーエンジニアたちは、お給料や待遇に不満をもちつつ、とどまっていたのだろう、って思います。

2010年半ばから回復基調になって、スーパーエンジニアから行き先が決まっていき、その隙間に私が入ったという感じになりました。

実は、震災は、この業界にはむしろ追い風でした。
外国人のエンジニアが日本から逃げたので、人手不足になったのです。

今までの給料では、いい人は雇えなくなり、ほんの少しで辞めるような人や、常識では考えられないような行動をする人など、人というよりは「パターン青」ばかりが入社するようになりました。

前の会社、悪循環に陥ってると思う。
売り上げが下がるから、人件費をケチる。
ケチればそれだけ質の悪い人材しかこなくて、よけい売り上げが下がる。

私のもらっていた給料から年収ベースで30-50万円高くすれば、かなりまともな人がくるはずです。
なのに、私の給料からさらに60万円も低くするんだもの、まともな人がくるわけがない。

「安い給料でいい人材が欲しい」というのはどの会社の経営者も思うことだと思うけれど、やっぱり安いとそれなりの人材しか来ない。

ケチればケチるほど「段ボールのフタを閉めるのもまともにできない」人しか来ない。
そしていい人から逃げていく。

最後に「敢えて言おう、カスであると!」と言わざるを得ないような状況になってしまう。

なにも、グーグルやマイクロソフトや一流SIerに勤められる人材を雇え、とは言いません。
でも、最低限の人材が雇える下限の給料ってのはあると感じています。

 *

新しい天地で、今度は私が「パターン青、使徒です!」「敢えて言おう、カスであると!」と陰で言われないために、努力しなければなりません。

いろいろ勉強の計画を立てています。
MCPのセカンドショットキャンペーンがあるからMCPのサーバ科目やクラウド科目を勉強しようとか、XMLを学ぶ必要があるので本を買ったとか、そんな感じ。

昔は、大企業に勤めればまず自分が犯罪を犯したり、あるいはよっぽどのヘマをしないかぎり、定年まで勤められました。
今は、どんな大企業でもあっというまに潰れることがあります。
あるいは潰れないためにリストラされることもあります。
中小企業ならなおさら。

常に、会社を放り出されても、どこかに拾ってもらえる能力や技能、知識を蓄える必要がある、と思っています。
 

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
メールありがとうございます。
また改めてこちらからメールします。
Posted by 落合春美 2012.09.25 Tue 22:40 編集
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[09/17 やま]
[05/25 さくら]
[12/12 Lovelin]
[10/27 暗黒係長]
[06/29 MR]
最新TB
プロフィール
HN:
るー・かん
性別:
女性
自己紹介:
変な名前ですが、三国時代呉の名将「陸抗」からいただいています。

過去のブログは
夢見るのみにて死するは悔いあり」です。

FF11関連の記事は独立させました
吾輩はミスラである
バーコード
ブログ内検索
カウンター
P R
忍者アナライズ
コガネモチ
忍者ブログ [PR]